nagato.tokyo | air-GINZA

nagato.tokyo | air-GINZA

ブリーチしてても縮毛矯正!ツヤサラ髪を手に入れるノンアルカリ縮毛矯正「アルテマ」

ブリーチしてても縮毛矯正!ツヤサラ髪を手に入れるノンアルカリ縮毛矯正「アルテマ」

こんにちは、

air-GINZAの長門です。

(初めましての方はこちら)

だいぶ蒸し暑くなってきました。

こうやって雨が続くと気になるのが

癖毛!

日本人の9割が髪の毛のクセに悩んでいると言われております。

湿度が高くなると

せっかく朝にかっこよくスタイリングしても

お昼前には、ボサボサになってしまう、、、、、

そんな悩みを解決するのが「縮毛矯正!!」

この記事では、

東京銀座で

「縮毛矯正」を得意とする長門が

「ブリーチ毛」に対する縮毛矯正を徹底的に解説していきます。

 

美容師さんも、お客様も

新しい発見をしてもらえれば嬉しいです。

 

ちなみに、さらに詳しく!の動画を

YouTubeで配信しておりますので、そちらも合わせてご覧ください

YouTubeのリンクはこちら

【ブリーチ部分に縮毛矯正】ハイトーンカラーもツヤさらストレートも両方叶えるノンアルカリ縮毛矯正!

さて、beforeです

1ヶ月前に「インナーカラーレベルアップ」の動画

登場した、入江ちゃんがモデル。

もちろんですが、

インナーはブリーチを数回繰り返しております。

全体的に癖毛で、このインナーの部分や特に前髪のクセに悩んで

毎日ストレートアイロンを当ててスタイリングしてます。

今回も使用するのは

ノンアルカリ縮毛矯正「アルテマ」

以前の、

「最強の髪質改善・縮毛矯正!」の動画でも登場した

ものすごくダメージレスな最強のストレート剤です。

この「アルテマ」

『rich(リッチ)』『Juno(ユノ)』

混合して、健康毛の部分とブリーチ毛の部分で使い分けていきます。

まず、健康毛の部分は

リッチとユノを1:1で混合

先に塗布していきます

しっかりと揉み込むように塗布

塗布量はケチらず、しっかりと塗布します。

この時に塗布量が甘いと、伸ばしムラの原因になるので要注意

塗布し終わったら、軟化スピードを見ながら、時間調整

その後、ブリーチ毛の部分には

リッチとユノを3:1で混合した薬剤を塗布

こちらはスピード勝負になります。

軟化しすぎてしまったら、確実にダメージにつながり

かといって、軟化が甘いと薬剤が弱いので全く伸びません。

しっかりと見極めるために、慎重かつスピーディーに

付きっきりで塗布します。

こちらは揉み込みながら、軟化したタイミングで中間水洗

基本的に放置時間は設けません。

 

中間水洗のポイントは

「ものすごく優しくシャンプーする」

表面に残った還元剤とアルカリをしっかりと流し切ることです。

この時に、流しが甘いと

この後のアイロンで強いダメージを与えることになってしまいます。

 

しっかりと流し切り、最後に

クリーム状のCMC(drop)を揉み込み、油分を補給

その後、毛髪内部の水分量を均一にするために

チェンジリンスをします。

そして、水洗後

リキッド状のCMC(アクア)を全体に塗布

こちらには酢酸が入っているために

還元された毛髪表面を引き締め

アイロンの熱から守ります。

 

全体をドライしたら、アイロン操作

健康毛の場所は180度でしっかりプレス

そして、ブリーチ毛の部分は160度で優しくプレスします。

ブリーチ毛の部分も軽めにアイロンするのではなく

しっかりと熱を置いてくるようにアイロンします。

2剤による酸化処理は通常通り行います。

「アルテマ」の2液はリキッド状なので

塗布スピードも早く、均一に仕上げることができるので便利です。

 

自分は、かなり癖の強い人はアルカリの縮毛矯正剤(ミルボンネオリシオ)を使用するのですが

そちらの2液処理も「アルテマ」のセカンドローションを使用します。

過酸化水素水なので、固定スピードも早く柔らかい仕上がりになります。

 

ただ、注意点としては、塗布スピードが遅かったり、放置時間が長かったりすると

過酸化水素水特有のダメージの原因になるので、スピードは特にこだわります。

癖が弱めの人、もしくは毛量が少ない人はシャンプー台で寝かせて塗布する場合もあります。

最後の水洗。

もちろん1剤の流し同様、しっかりと流します。

ここで、バッファー剤を投入!

 

使用薬剤はディアテックのCF

2倍希釈でスプレイヤーで塗布

phが中性域のバッファー剤なので、髪に負担をかけることなく

優しく残留のアルカリを除去し、ダメージの予防につながります。

 

ヘアチンも配合しているので、酸化(固定)しきれなかった結合もカバーすることができます。

流してドライ後

めちゃめちゃ綺麗に仕上がりました!!

 

もちろん仕上げにアイロンは通してないです。

デンマンで軽くブラシを通しただけ。

塗り分けとアイロンの温度設定を変えるだけで

簡単に健康毛とブリーチ毛の混合のヘアスタイルの縮毛矯正ができました。

 

お客様に伝える注意点としては

還元剤が「システアミン」なので

若干の残臭が5日間くらい残ることをしっかりとお伝えします。

ただし、濡れた時以外は出ないので安心してくださいともお伝えしております。

 

これくらいツヤが出てさらさらの手触りになると

本当に毎日のスタイリングも楽になるし、

やはりツヤは見た目の年齢を大きく左右するので

梅雨時期に限らず、1年を通してオススメのメニューです。

ぜひ!参考にしてください!!

 

動画で詳しく説明しております!↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ブリーチ部分に縮毛矯正】ハイトーンカラーもツヤさらストレートも両方叶えるノンアルカリ縮毛矯正!

 

長門のインスタはこちら

長門のYouTubeはこちら


LINE@にてご質問、ご予約承っております。

LINE@友達登録

air-GINZA
03-5524-0202
東京都中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル3F

WEB予約はコチラ